伸縮目地・スリットとは

2018年10月14日(日)12:00 PM

皆さんこんにちは!堀江です!

土間コンクリートに関することなのですが、皆さんは下の写真を見て何か
気になるところはありますか?

 

…特にありませんか?
以前、僕が気になったところは、土間コンクリートに入っているラインです
「なんでこんなのがあるんだろう?無いほうが見た目が綺麗なのでは?」
と思いました
しかし、このラインにもしっかりとした意味があったのです!

伸縮目地

このラインの正式名称は伸縮目地と言います
見えている部分は上側だけなので全体が見えませんよね
コンクリートに隠れる前は、こんな感じの見た目をしています

 

ではなぜこの伸縮目地を使うのでしょうか?
ヒントはコンクリートの特性が影響することです

コンクリートは温度によって、膨張(収縮)する特製があります
これにより、コンクリートが隙間なく詰められていると
圧力がかかってしまい、ひび割れを引き起こしてしまいます

しかし、伸縮目地を使用することで
コンクリートにかかる圧力を逃がすことができ
ひび割れを起こしにくくすることが可能となります!

では、この伸縮目地はどのくらいの割合で使用すればいいと思いますか?
あまりにも多く入れると、ひび割れの心配がなくなっても
見栄えが悪くなってしまいますよね

だいたい伸縮目地を入れる範囲としては
一区切り広くても10~15㎡以上にはならないようにします
また、狭い通路で使用する場合には、3~4mの間隔で一本設置します

スリット

土間コンクリートのひび割れ防止の為に、伸縮目地を紹介しましたが
それを使わなくてもひび割れを防ぐ方法はあります
その方法がスリットです

スリットとは、伸縮目地のようにコンクリート間の隙間をあけることで
コンクリートのひび割れを防止することが可能です
また、その隙間には、何も入れなかったり、砂利や植栽を入れたりと
伸縮目地とは異なったデザインを施すことが出来ます
曲線にすることも可能な為
デザイン性にも富んだものとなります

↓曲線にしたスリット

まとめ

コンクリートの特性を知らないと伸縮目地やスリットの役割が分からない方が多いと思います
もしかすると施工業者によってはこのことを知らずに
「スリットを作らない方が見た目が綺麗になりますよ」など言われるかもしれません
その言葉を鵜呑みにして施工を依頼してしまうと
最初は綺麗かもしれませんが、いつの日かひび割れを起こしてしまうでしょう
施工業者を完璧に信頼するのではなく
少しだけでもいいので
自分自身でそれぞれの役割をきちんと調べ
後々後悔のない施工を行ってみてはいかがでしょうか?

  |  

logo2

TEL:048-720-8269
【営業時間】9:00~18:00 【定休日】水曜日

工事対応地域

埼玉県
春日部市越谷市草加市さいたま市(岩槻区・見沼区)幸手市・杉戸町・宮代町蕨市吉川市・松伏町三郷市八潮市羽生市川口市戸田市北本市行田市伊奈町久喜市加須市
千葉県
野田市流山市松戸市柏市・我孫子市
茨城県
古河市・境町・筑西市・結城市・五霞町・守谷市・つくば市・つくばみらい市・常総市・坂東市・八千代市
栃木県
栃木市・佐野市・小山市・野木町・足利市

twitter

過去の記事